特定非営利活動法人サン・はぎわら

特定非営利活動法人サン・はぎわら
  • お知らせ
  • サン・はぎわらとは
  • 活動の報告
  • 貸借対照表
  • リンク

2019年11月15日 社会福祉法人 檸檬会 青木一永さんの講演会を行いました

萩原北中学校の卒業生で、現在社会福祉法人 檸檬会の副理事長を務めている青木一永氏の講演会を11月15日に、行政、市内の保育士の皆さんに集まって頂き開催しました。

    演題「乳幼児期こそ力強く〜保育の大切さと保育者の責任〜」
萩原出身で萩原北中学校に今も残るスローガン「律立」は、青木さんが生徒会長の時に作られたそうです。全国約70拠点の施設数を持つ社会福祉法人檸檬会の副理事長として忙しい毎日を過ごされています。その一つ滋賀県大津市のレイモンド淡海保育園で、今年5月園児13名と保育者3名が保育園近くを散歩中、交差点で信号待ちのところに車同士の事故が発生し自動車が園児に接触しました。2名の園児が死亡、4名が重傷、その他の園児
及び職員が負傷されました。青木さんは、当時の保護者や社会への対応・マスコミとのやり取り・事故後の影響等について大変詳細に話してくださいました。乳幼児に関わる仕事を持つ関係者にとっては、「子どもの安
全」について考えることは当然の事ですが、誰もが遭遇する可能性を持って生活していることは、保育業界にとどまらず社会全体の課題として考えなければならないことです。社会の出来事から自らを振り返り生活しなければならないと改めて思う講演会でした。青木さんは、子ども達が20年後、30年後の社会を生きる力をつけるための保育の重要性についても力強くお話しくださいました。

このページの先頭へ